赤塚植物園-2   018)

昨日はスハマソウ、オウレン、節分草を載せましたが、
今回は他の花の写真です。



         01、オウバイです。まだほんの少しだけしか咲いていませんでした。
c0068050_027214.jpg


         02、これは何でしょね?
c0068050_0275379.jpg

 
         03、これも判りません・・・(^^;
c0068050_0284316.jpg


         03、福寿草、今回は沢山咲いていました。
c0068050_029256.jpg


         04、これは。。。なんだったか?
c0068050_0302092.jpg


         05、これも。。。?
c0068050_0305615.jpg


         06、ボケの花、これもあまり咲いていませんでした。此方を向いてくれてるのが一輪だけ。。。
c0068050_032141.jpg


         07、ぎんようアカシア
c0068050_0323570.jpg


         08、枝垂れ梅 
c0068050_0331664.jpg


         09、〃
c0068050_0334171.jpg


         10、黄色い水仙、沢山咲いていました。
c0068050_0341761.jpg


         11、これは何の花でしょう。梅の木の間に一本ありました。まだ蕾なので花の形も判りません。
c0068050_0353883.jpg




黄色い花が多いですね。春の色でしょうか!?
アカシアって名前は知っていましたが、花を咲かせるのは知りませんでした。
それと最後の黄色い蕾、何でしょうね?今回名札があるのは、殆ど名札も撮っていますが、
4番・5番は取り忘れました(^^;

1番と3番、フレームの色が違っていますが、ご勘弁を(^^

明日は泊り勤務です。明後日の明けに久しぶりに日比谷公園でも行ってみようかな!?
(未定ですけどw)
by isao_isao | 2009-02-17 00:42 | 1)風景・花々・空・雲 | Comments(6)
Commented by ろまん at 2009-02-17 05:26 x
おはようございます

精力的な撮影に頭が下がります
写欲が湧かない私には刺激になってなんとも嬉しい♪の一言です^^;
このところの温かさで花たちが一斉に開いた感じですね
isaoさんの写真を見せて頂きさらに思ったしだいです^^

↓浅間山...お見事でした
一昨日前橋に出掛けた時
車中から噴煙を上げている姿を確認しましたが
あ~その近くまで出掛けていたのだと思うと
その行動力を分けて頂きたいと..^^;

Commented by TAMA at 2009-02-17 07:40 x
4.は 沈丁花の葉っぱと花の形みたいだけど
黄色いのってあるのかしら

どれも春の息吹を感じて素敵な写真ですね~!

早く梅見物に行かなきゃ!
Commented by nama3 at 2009-02-17 17:35 x
こんにちは。
赤塚植物園、花盛りにですね。私も土曜日、1時間半だけでしたが
撮影しました。↓のオウレンだけは気づきませんでした。
はなの名前ですが、2.はクロッカス、3.はキクザキイチゲ、4.は
難波津(なにわず)5.は?11.はサンシュウだと思います。違って
いたらごめんなさい。5.は調べてみます。

Commented by isao_isao at 2009-02-19 22:49
>ろまんさん、お久しぶりです。
写欲が湧かないとは。。。
ろまんさんの撮られる、私には撮れない世界を楽しみにしていますよ(^^
まぁ、写歴が長いろまんさんですので、撮り切っている部分も有るのでしょうね。
私も今年は梅を撮っていてもイマイチです(^^;
浅間山の写真は仕事で行ったので、仕事をサボって撮ってました(^^)
まぁ、私の仕事の特典とでも云いましょうか・・・!w
Commented by isao_isao at 2009-02-19 22:52
>TAMAさん、こんばんは。
そういえば、沈丁花に花の形も似ているね。
でも、難波津らしいね(^^
今年の春は今年しか出会えないのだから、時間が有ったら出かけましょう!(^^
Commented by isao_isao at 2009-02-19 23:06
>nama3さん、こんばんは。
わざわざ名前を教えて頂き、ありがとう御座います。
自分で調べれば良いんですけどね。。。(^^;

このオウレンは、道を挟んで向こう側に一番奥に咲いてました。
小さい花なので柵が邪魔して近寄れないのでEC-20も使ってみました(^^
<< 浅間山-3   019) 赤塚植物園-1  スハマソウと... >>