三渓園-1   145)

4月の24日ですが、初めて三渓園へ行ってきました。

**三渓園について**
 
横浜の南東部、本牧の地に広がる三渓園は、生糸貿易で財を成した実業家原三渓が1906(明治39)年自邸を公開したことにはじまる日本庭園です。
 広さ約175000㎡(53000坪)に及ぶ園内には、三渓により京都や鎌倉などから集められた17棟の歴史的建造物(うち10棟は国指定重要文化財・3棟は横浜市指定有形文化財)が散りばめられ、四季折々の自然と調和を見せています。
 三渓は、また芸術家や文学者など文化人たちと広く交流したことでも知られ、三渓園は美術・文学・茶の湯など近代日本文化の一端を育んだ場所としても知られています。
 学術上・芸術上、そして観賞上価値の高いことから、2007年2月には国の名勝に指定され、庭園全域も文化財として位置づけられました。
三渓園パンフレットより、 



何しろ初めてなので、何が見れるのかも判らずに行ってみたものですから、取り合えず歩き回れ!ってな感じでした(^^

         01、広いですぅ~
c0068050_21241292.jpg


         02、
c0068050_21274127.jpg


         03、池の向こうに三重塔がそびえています。
c0068050_21301063.jpg


         04、
c0068050_2131768.jpg


         05、
c0068050_21353758.jpg


         06、
c0068050_21361847.jpg


         07、
c0068050_21364277.jpg


         08、
c0068050_21371399.jpg


         09、昼前だったので此処で休憩。待春軒
c0068050_21381287.jpg


         10、ほうじ茶
c0068050_2140396.jpg


         11、
c0068050_2142540.jpg


         12、食べたのは“ 桃山膳 ” 汁無しソバとおでんに白飯。この汁無しソバ、美味しかったです。
c0068050_2144437.jpg



今日は此処まで(^^
三渓園には外苑と内苑がありまして、外苑には3枚目の三重塔(京都・燈明寺から移築)が配されてます。
この後、外苑をブラブラして内苑もブラブラしました。
新緑が綺麗でしたので、広い庭内を歩いていても疲れを感じませんでした(^^




 



                                                 
by isao_isao | 2010-05-03 22:07 | 1)風景・花々・空・雲 | Comments(6)
Commented by nama3_kitano at 2010-05-04 09:09
おはようございます。
三溪園へは、25年くらい前に一度行ったことがあります。梅の
咲く頃で、色々な種類が植えられていたように記憶しています。
でも、殆どうろ覚えの世界です。3枚目の三重棟は、見覚えが
あります。
Commented by yuta at 2010-05-04 12:32 x
こんにちは
あたしも行ってみたいところです
これからは新緑がきれいでしょうね^^
Commented by isao_isao at 2010-05-05 08:56
>nama3さん、おはようございます。
小さな蓮池もありましたので、時間があればまた行ってみたいです。
京都から移築しちゃうなんて、昔のお金持ちは規模が違いますね!w
Commented by isao_isao at 2010-05-05 08:58
>yutaさん、おはようございます。
内苑の新緑が綺麗でしたよ!
次回(その次?^^)載せますね。
Commented by ojuju999 at 2010-05-06 15:15
こんにちは!
三渓園ですか~!
行ったことはないですがとても居心地良さそうなところですね。
一個人の私有地だったという歴史に度肝抜かれます。
亀さんの行進が可愛いですね(笑)
Commented by isao_isao at 2010-05-08 23:21
>ojujuさん、こんばんは。
ほんと個人の庭園ってのには驚かされますね(^^
亀さんは、甲羅干ししているので歩いていませんでした(笑)
<< 三渓園-2   146) 赤塚植物園-2   144) >>